服飾品・アパレル商材の物流をトータルサポートできる業者を紹介

HOME » アパレル物流のアウトソーシング事例集

アパレル物流のアウトソーシング事例集

このカテゴリでは、会社の事業規模ごとに、アパレル物流のアウトソーシング事例を紹介しています。

小~中規模のアパレルメーカー(年商20億円以下)

ほんとんどの中小アパレル会社の悩みは出荷量の変動に対応できていないことです。十分な人材が確保できないなか、出荷量がひとたび増加すると、営業部門はもとより、スタッフ部門も総出で、倉庫作業を手伝うことも少なくないようです。経営資源を本来あるべきカタチで集中するためには、業務負荷の変動を柔軟に対応できる「小回りの効く」物流アウトソーシングが望まれます。

求められる機能としては、検品・検針・品質検査・リアルタイムでの在庫管理。事例をみれば、アウトソーシングすることで、それまでの心配が払拭され、大きなメリットを享受していることが伺えます。

>>年商10億円以内のアパレルメーカーの事例
>>年商20億円以内のアパレルメーカーの事例

大手アパレルメーカー(年商50億円以上)

大手メーカーにおけるアウトソーシングの導入の要点は、とにかく大量の商品の処理を的確に実施すること。これは、基幹システムをお客様のシステムと連結し、あたかも自社の一部門であるかのような運営ができないと実現できません。

大量商品を捌くための大規模倉庫を用意すること、大量出荷に対応する輸送能力などの機能が求められるので、この場合は「小回りの効く」というよりは、確実に仕事をこなすことが求められるようです。

>>大手アパレルメーカーの事例

海外工場を有するアパレルメーカー

日本市場の景気低迷や人件費上昇、売価の低下を考えると、アパレル工場は今後も海外生産化が進むと思われます。海外生産では安価な労働力を調達できる点が重要視されますが、昨今の中国の国内事情を見ると、人件費は今後上昇の一途をたどると思われます。

そこで、にわかに衆目を集めているのが、物流コストの圧縮。海外生産工場から積み出し港、日本国内のコンテナヤードから物流拠点へ、さらに小売店への納品までを含めた、トータルコストの削減という課題です。これに対し、海外工場から販売店への納品までを一括して代行する業者が存在するとしたらどうでしょう。こうした問題に焦点を当てて、実際のアウトソーシング導入事例を探ってみました。

>>海外に生産拠点をもつメーカーの事例

 
ページの先頭へ
アパレル物流代行の業者ナビ