服飾品・アパレル商材の物流をトータルサポートできる業者を紹介

HOME » 優良アパレル物流代行業者の見極め方 » 物流業務をトータルサポートしているか

物流業務をトータルサポートしているか

このページでは、服飾品の在庫管理代行サービスの概要を、実際の事例と共に紹介します。

アパレル品の在庫管理代行サービス事例

倉庫スペースの確保と共に、かさばるアパレル商材の在庫管理は頭の痛い問題です。こうした問題を、一挙に解決してくれるのが在庫管理のアウトソーシング業者。ただ、その業務内容も多岐にわたり、若干分かりづらい部分もあるかと思いますので、実際のアウトソーシング事例と共に、解説していきたいと思います。

在庫管理のアウトソーシング事例1

総合的な在庫管理ができる業者の場合
貸しスペースでの保管から、適性在庫管理、流通加工、配送までを一括で提供。貸しスペースに関しては、保管期間が不確かな場合、シーズンによって在庫量の変動が生じる場合などには寄託形式での保管にも対応している。在庫管理については、ハンディーターミナルによる検品の他、入出庫履歴、配送状況まで分かる独自のWMSシステム(Phydi)を持つ。流通加工では、検品の他、タグ付け、シール貼り、梱包作業なども実施。配送業務では、自社のトラック便、協力運送会社、路線便・宅配便などをクライアント側のコスト要求に応じて提案している。

>>この業者の詳細情報はこちら

在庫管理のアウトソーシング事例2

独自システムを導入している業者の場合
独自のQMS(クイックマネジメントシステム)を導入。入荷⇒格納⇒保管⇒出荷オーダー受信⇒伝票類の出力⇒ピッキング⇒パッキング⇒出荷まで、バーコード利用による一元管理を実施している。特に、ピッキングについては独自開発のアソートシステムを持ち、単一ロットごとの効率的な仕分けを実現。その他、検品代行も実施しており、財団法人日本繊維製品品質技術センター(QTEC)から正規の検品工場としての認定を受けている。

>>この業者の詳細情報はこちら

在庫管理のアウトソーシング事例3

デジタルアソートが可能な業者の場合
荷受から、格納保管、梱包出荷まで、自社開発の管理システムに従い一貫処理。まず、事前入荷情報システムを活用し、商品に優先順位をつけて入荷処理。次に、ハンディーターミナルで商品下げ札(商標)バーコードを読み取り、ホストコンピュータへデータ送信。その後、ホストコンピュータに製品IDを登録し、商品形態に合わせて格納保管する。出荷にあたっては、製品サイズに合わせた梱包を選択し、出荷ケース個数を最小限に抑えて輸送コストの削減を実現している。

>>この業者の詳細情報はこちら

以上、見てきたように、最近では在庫管理のみを提供する業者より、アパレル物流の全工程を一括で提供する会社が増えているようです。確かに、一部業務のみを抽出して委託するより、自社のEOSと連動させ、納品までを一括で委託する方が安上がりですからね。

極端な話し、自社ではアパレル品の生産管理と、小売店の運営のみに専念し、その他の業務を全て外注することも可能な時代となったのです。結局のところ、こうした中間コストを削減することが、一番手っ取り早い売上向上施策かとも思いますので、この機会に検討してみて損はないと思います。

>>アパレル物流の代行業者比較<<

 
ページの先頭へ
アパレル物流代行の業者ナビ